システムトレーダーの冒険の書

自作のプログラムでシステムトレードを行っています。ポジション完全公開で、シストレやプログラミングについて書いていきます。相互リンク募集中です。

システムトレードと自動売買の違い

ブログランキング参加中!!

オフ会等であった人に、システムトレードをやっていると言うと、
たいてい全ての取引をコンピューターに自動的にさせていると誤解されます。

以前も書いた気がしますが、改めて確認しておきます。
システムトレードと言うのは予め定めた売買ルールに沿って
売買を行う方法のことです。

この点については、wikipediaにも記載があります。
システムトレード - wikipedia
(もっとも、2015年10月現在のwikipediaには
シストレは短中期にならざるを得ないと言った余計な記載があり、
かなり不満ですがそれはまた別の話です。)

売買を行うときに、手動で取引ツールを操作するか、
何らかのプログラムで発注するかという手順の話は
シストレなのかシストレではないのかとは別の話なんですね。

そもそも、インターネット取引が一般的になる前の、
チャートは必要な人だけが手書きし、注文は電話をかけるしかない時代から
システムトレーダーは存在します。

僕自身も、システムトレードを始めた当初は
プログラミングが出来なかったので、
買いと売りサインは電卓で計算していました。

今でも、買いの発注は一応手でやっています。
逆指値は面倒なので発注ツールを作って半分自動化していますが、
実行は手でボタンをしています。
完全自動化しているのは売買サインの計算だけですね。
これだけ毎日定刻に自動実行します。

取引全てを自動化することは可能ですが、
デメリットもあるので僕はやっていません。

ただ、世の中には便利なツールも増えており、
完全自動化を実装している人も多く存在しています。
それがまた「シストレ=自動売買」という誤解が広まる原因になっているようです。

事実として自動売買を実装するためには、
普通は事前に売買ルールを定める必要があります。
そのため、自動売買している人たちの中には
システムトレーダーも多いです。
(ただし、自動売買しているが、システムトレーダーではない人という
パターンもありえることは意外に忘れられている事実です。)

まとめると、次のようになります。

システムトレード/裁量トレード
⇒一定のルールに沿って売買を行うか、
   その時々の判断を含めて売買を行うか。

自動売買/手動売買
⇒注文が自動的に出されるか、手動で操作して注文を出すか。

長くなったので今回はここまでです。
次の記事に、両方の言葉を区別しておくべき理由を書きます。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/03 21:27 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:yutaro
年齢:30代
職業:IT系(ベンダーからWeb系に転職)
住所:関東

Excelで自作したツールのシグナルにしたがってシステムトレードをやっています。

相場暦:
2005年10月からFX開始
就職前後に一旦取引を中断し、
2012年6月から株をやってます

トレードの目標は2020年1月1日を億万長者としてむかえること。

Twitterアカウントはこちら。



ご連絡を取りたいかたはブログのコメント欄、メールフォーム、Twitter、などどちらからでもOKです。システムトレード、プログラミング、数学、などのほか、飲み会のお誘いなど何でもどうぞ。

書籍・グッズの購入はこちら
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

株式投資ブログランキング
アクセスカウンタ