システムトレーダーの冒険の書

自作のプログラムでシステムトレードを行っています。ポジション完全公開で、シストレやプログラミングについて書いていきます。相互リンク募集中です。

「欲望と幻想の市場」を読む

ブログランキング参加中!!

未だ途中ですが、ジェシー・リバモアの伝記である
「欲望と幻想の市場」を読んでいます。

この本の存在自体は昔から知っていて、
いつか読まねばならないと思っていました。

ただ、伝記だし、面白いかもしれないけど
即役に立つものでもなさそうだからとずっと後回しにしてきました。
愚かでした。

読んでみると有益な教訓にあふれすぎていて驚くばかりの本です。
細かく24章に分かれているのですが、
1章読むたびになぜこの本をもっと若いうちに読まなかったのかと。
(いろいろ考えることが多く、立ち止まってばかりなので、
大変読みやすい上に面白いのになかなか進まない…)

この本にある教訓自体は、もう自分の経験の中でもいやと言うほど味わい、
他の本でも再三繰り返されてきたことばかりなのですが、
復習の意味でも大変勉強になります。

これ、ちゃんと読んでれば学生時代にもっと稼いで、
あんなきつい日々を送らずにすんだのにとか、
もしくは、あの失敗は避けれてたなぁと思い出す例がいくつもあります。

さて、最近と言うか、株に移ってからのトレードを振り返ると
失敗らしい失敗をしておらず、
油断しすぎてる感じがします。
失敗してないのはいいことですが、
油断は致命的な結果をもたらします。
改めて気を引き締めなければなりません。

扱う資金も大きくなってきたので、
出来る限り「他人の失敗から学ぶ」と言うことを
実践していかなければなりません。
「自分の失敗から学ぶ」は
大人になった今ではコストが大きすぎます。

【人気ブログをチェック】
[ 2013/02/11 18:11 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
こんばんは!
yutaroさん こんばんは ユージです。別枠でリンク貼って頂いて誠にありがとうございます。少し恥ずかしい気持ちでございます。(笑)
さて、僕もリバモアを読みましたが、「世紀の相場師 ジェシー・リバモア」の方です。こちらのほうも読み物として大変面白かったのですが、「欲望と幻想の市場」があるというのを今知り、今度是非読んでみます。それではっ!
[ 2013/02/12 01:51 ] [ 編集 ]
こんばんは
ユージさん、こんばんは。
世紀の相場師のほうも気にはなってたんですよね。
今回はいろんな人が推薦してるので
欲望と幻想の市場のほうを選びましたけど。
昔の話なのに現在でも通じることが多くてびっくりします。
[ 2013/02/12 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yutaro

Author:yutaro
年齢:30代
職業:IT系(ベンダーからWeb系に転職)
住所:関東

Excelで自作したツールのシグナルにしたがってシステムトレードをやっています。

相場暦:
2005年10月からFX開始
就職前後に一旦取引を中断し、
2012年6月から株をやってます

トレードの目標は2020年1月1日を億万長者としてむかえること。

Twitterアカウントはこちら。



ご連絡を取りたいかたはブログのコメント欄、メールフォーム、Twitter、などどちらからでもOKです。システムトレード、プログラミング、数学、などのほか、飲み会のお誘いなど何でもどうぞ。

書籍・グッズの購入はこちら
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

株式投資ブログランキング
アクセスカウンタ