システムトレーダーの冒険の書

自作のプログラムでシステムトレードを行っています。ポジション完全公開で、シストレやプログラミングについて書いていきます。相互リンク募集中です。

流動性の低い銘柄の怖さ

ブログランキング参加中!!

数日前の記事で、【2753】あみやき亭を売った話を書きました。
1日の出来高の1%以上を自分の売りがしめることになり、
最安値で売るという残念な結果でしたが、
こりもせずにそれ以上に流動性の低い
【1980】ダイダン
を翌日に買っています。

その結果・・・
たった一日で損切となりました。
それも、逆指値が大幅に滑っての損切です。

ちなみに僕が買った日の出来高は2千株、売った日の出来高は1万4千株です。
ほとんど誰も売買して無い銘柄でした。
東証一部なのに。
(大証のほうにも上場していて、そちらはもう少し売買があるようです)
あみやき亭の流動性に文句を言っていたのが馬鹿みたいですね。
購入日なんて50%が自分の買いですよ。

買い注文を出す前から、これはやばいという気配を感じていましたが、
ルールを守ることを優先し、そのまま突っ込みました。
ちなみに、一旦このシグナルを無視して、
優先順位が次に高いシグナルのほうを選ぶとことも可能でしたが、
"流動性を考慮してシグナルの優先度を変える"
などというルールは僕のシステムにはありませんでした。

そもそも、FXをやっていたころに、
株をやるとしたらこんなシステムが使えそうだと考えたルールなので、
出来高等の概念が入って無いんです。

そして、次のように考え、ルールに従いました。
「このルール変更がシステムにどんな影響を与えるのか検証してからでなければ、
ルールを変更したり破ったりするわけには行かない。
たとえ目の前の1トレードで損を出したとしても長期的に見れば
ここはルールに従うのが正しいはず。」

結果、ばっちり目の前の1トレードで損を出したわけです。
それも、初めての1Rを超える損失でした。

長期的に勝つことを優先し、
少なくないお金を捨てて得た教訓ですから、
なんからの形で今後に活かしていくつもりです。

【人気ブログをチェック】
[ 2013/05/25 11:58 ] 株式相場 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

yutaro

Author:yutaro
年齢:30代
職業:IT系(ベンダーからWeb系に転職)
住所:関東

Excelで自作したツールのシグナルにしたがってシステムトレードをやっています。

相場暦:
2005年10月からFX開始
就職前後に一旦取引を中断し、
2012年6月から株をやってます

トレードの目標は2020年1月1日を億万長者としてむかえること。

Twitterアカウントはこちら。



ご連絡を取りたいかたはブログのコメント欄、メールフォーム、Twitter、などどちらからでもOKです。システムトレード、プログラミング、数学、などのほか、飲み会のお誘いなど何でもどうぞ。

書籍・グッズの購入はこちら
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

株式投資ブログランキング
アクセスカウンタ