システムトレーダーの冒険の書

自作のプログラムでシステムトレードを行っています。ポジション完全公開で、シストレやプログラミングについて書いていきます。相互リンク募集中です。

2015年10月の資産推移

ブログランキング参加中!!

今月も一ヶ月間お疲れ様でした。
今月はTOPIXが1割ほど上昇したのもあり、
良い結果を出せた人が多いんじゃないかと思います。

その一方で自分は振るわず、
市場が上がった割に残念な結果(+2%くらい)になりました。

先月末までのリスク回避のため、
十分なリスクが取れていなかったことと、
いくつか大きめの被弾があったのが響いています。


では、今月の口座残高の変化です。

10月始め時点
16,895,445

10月末時点
17,468,241

今月も15万円入金しているので
一ヶ月の損益を計算するとこうなります。

17,468,241 - 16,895,445 - 150,000 = +422,796円

来月からまた新しい生活が始まります。
しっかりがんばりますので
今後ともどうぞよろしくお願いします。


【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/31 08:58 ] 月間収支報告 | TB(0) | CM(1)

2015年10月26日週の取引記録

ブログランキング参加中!!

今週も先週から引続いて近所の探検がメインの週でした。
トレードはオカモトの下落をもろに受け、
痛いことになりました。
中国の一人っ子政策終了の影響は大きいですね。

それでは今週の売買の記録です。

購入
[信用]
【4099】四国化成工業

現引
無し

売却
[信用]
【8363】北國銀行(-0.82R)

続いて保有中の19銘柄の損益です。

[現物]
【5122】オカモト(+98.73%)
【3076】あい ホールディングス(+31.36%)
【8153】モスフードサービス(-2.13%)
【2786】サッポロドラッグストアー(+27.04%)
【8530】中京銀行(+0.80%)
【7630】壱番屋(-1.29%)
【5970】ジーテクト(+1.14%)
【5012】東燃ゼネラル石油(+0.72%)
【1884】日本道路(-3.07%)

[信用]
【7611】ハイデイ日高(-2.75%)
【7942】JSP(+16.22%)
【7913】図書印刷(-0.78%)
【4208】宇部興産(+9.91%)
【7312】タカタ(-5.22%)
【9681】東京ドーム(-2.08%)
【9005】東京急行電鉄(+2.50%)
【8154】加賀電子(-0.29%)
【8904】サンヨーハウジング名古屋(-6.07%)
【4099】四国化成工業(0.00%)

含み益は先週から208,800減少円し、
2,692,500円になりました。

今日のオカモトだけで37万円も減っているなか、
そのほかの銘柄がそこそこ健闘してくれました。

あと今更ですがハイデイ日高って
日高屋の会社だったんですね。
これからもっとマメに通うようにします。



【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/30 17:09 ] 週間取引記録 | TB(0) | CM(0)

引越し振り返り

ブログランキング参加中!!

引越しを終えて、生活も落ち着きつつありますので、
振り返りをやっておきたいと思います。

端くれもいいところですが、ミニマリストを目指しているので、
スーツケース2個で引っ越せたとか、そういうかっこいい話題を提供できれば
良かったのですが、全然そんなものでは収まりませんでした。

家電製品はかなり少ないのですが、
うちの部屋はまだまだ本が多いんです。
引越し屋さんにもらったダンボール(小)が本だけで8箱出来たときには
さすがに反省しました。

これから先の人生、また引っ越す機会はあると思いますが、
毎回毎回これだけの本を持って行きたくは無いですね。
今年だけで150冊以上処分していますが、
来年はもっと本を絞り込もうとおもいます。

減らすものだけでなく、これから増やすものも検討中です。
特に掃除機です。
机や本棚を動かしてみると、
裏や脇に思っていたよりも埃が貯まっていました。
コロコロとフローリングワイパーのシートだけ
では限界がありました。

あとは食事まわりも購入検討中です。
今は調理道具を一切持っていませんが、
もしかしたらこれからは自炊ができるかもしれませんし。
しばらく近所のスーパーや飲食店を開拓してみてから
方針を決めようと思います。

「何もない部屋」で暮らしたい





【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/25 15:36 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

2015年10月19日週の取引記録

ブログランキング参加中!!

今週はいよいよ引越しを終えて、
関東での新生活をスタートさせました。
ということで、トレードにはほとんど関心を向けれていませんでした。

荷物の関係で1日だけサインを見れない日がありましたが、
それ意外はルール通りに売買しています。
日経平均が19,000近くまで上昇してきたのもあり、
ポジション数も増えてきました。

それでは今週の売買の記録です。

購入
[現物]
【5012】東燃ゼネラル石油
【1884】日本道路

[信用]
【7942】JSP
【7913】図書印刷
【4208】宇部興産
【7312】タカタ
【9681】東京ドーム
【9005】東京急行電鉄
【8363】北國銀行
【8154】加賀電子
【8904】サンヨーハウジング名古屋

現引
【5970】ジーテクト

売却
[現物]
【4517】ビオフェルミン製薬(-1.13R)
【1868】三井ホーム(-0.88R)
[信用]
【9861】吉野家ホールディングス(-0.50R)

続いて保有中の19銘柄の損益です。

[現物]
【5122】オカモト(+118.44%)
【3076】あい ホールディングス(+27.05%)
【8153】モスフードサービス(-2.65%)
【2786】サッポロドラッグストアー(+21.56%)
【8530】中京銀行(-4.00%)
【7630】壱番屋(-1.47%)
【5970】ジーテクト(+6.26%)
【5012】東燃ゼネラル石油(+0.08%)
【1884】日本道路(+1.76%)

[信用]
【7611】ハイデイ日高(-2.43%)
【7942】JSP(+9.74%)
【7913】図書印刷(-0.39%)
【4208】宇部興産(+5.60%)
【7312】タカタ(-3.99%)
【9681】東京ドーム(-1.91%)
【9005】東京急行電鉄(+1.46%)
【8363】北國銀行(0.00%)
【8154】加賀電子(+0.53%)
【8904】サンヨーハウジング名古屋(+0.54%)

含み益は先週から355,100円増加し、
2,901,300円になりました。

3銘柄損切して、のこりの銘柄だけ見ているのに
これは余りよろしくないですね。
トータルでは市場の回復についていけてないです。
高値掴みも複数発生しているので、
うまく裁いて行きたいところです。



【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/24 22:04 ] 週間取引記録 | TB(0) | CM(4)

初トレードから10年

ブログランキング参加中!!

初めてトレードをした日から今日で10年になりました。

途中に、トレード自体はしていない時期もありますし、
FX から株へ移ったりもしているので、
単純に10年の経験があるってわけでもないのですが、
面倒なのでトレーダー暦10年ってことにさせてもらいます。

FX 時代のトレード記録ファイルを PC の故障とともに紛失しているのが惜しいのですが、
振り返ってみれば印象的なトレードがいくつもありました。

僕がトレードを始めた頃、イギリスポンドは200円くらいでしたが、
一時的に250円まで伸び、その後、2009年に120円を割りました。
ニュージーランドドルも元は70円くらいでしたが、
100円近くまで上昇してから急落し、50円を割りました。

クロス円以外でもストレートや欧州通貨同士のクロスで、
絶対に外れないと思われたレンジを破っていく例をいくつも経験してきました。

そういう値動きの中で僕のトレンドフォローのスタイルが出来上がり、
今の(株の)システムにつながっています。
ずいぶんエキサイティングな時代にトレードを始めることができ、
親切な多くの2chネラーや良書との出会いがあって今があります。
結局は運が良かったからですね。

またこの先の10年もトレードの世界で生き残っていけるようがんばります。


<ドクター田平の株よりローリスク! 1万円からできる>外貨で3000万円儲ける法

中古価格
¥1から
(2015/10/18 12:44時点)




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/18 12:43 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

2015年10月12日週の取引記録

ブログランキング参加中!!

更新が少し遅くなりましたが、今週も一週間お疲れ様でした。
システムのほうは徐々に買いサインが出始めていますが、
その後続伸する銘柄は少なくまだまだポジション控えめです。
それもあって、トレードには余り関心が向いてないです。

私生活のほうでは大阪で過ごす最後の週と言うことで、
いろいろと手続きやご挨拶をしながら、バタバタと荷造りなどをやっていました。
おもに本の箱詰めです。

来週いよいよ東京へ引越します。
大阪では数多くの出会いに恵まれ、
自分にはもったいないほど良い友人がたくさん出来ました。

東京に行ったらどうなるかいろいろと不安ではありますが、
きっと楽しい未来がやってくると期待しています。
東京のトレーダー、ミニマリスト、エンジニア、
その他各種オフ会に参加される皆様、
あっちこっち顔を出したいと思っていますのでどうぞよろしくお願いします。

上手く記事の流れがつながっていませんが、
これ、週間取引記録の記事なので唐突に売買の記録に入ります。

購入
[信用]
【5012】東燃ゼネラル石油
【7942】JSP
【7913】図書印刷
【1884】日本道路

現引
無し

売却
[現物]
【4517】ビオフェルミン製薬(-1.13R)
【1868】三井ホーム(-0.88R)
[信用]
【9861】吉野家ホールディングス(-0.50R)

続いて保有中の12銘柄の損益です。

[現物]
【5122】オカモト(+118.44%)
【3076】あい ホールディングス(+24.83%)
【8153】モスフードサービス(-3.66%)
【2786】サッポロドラッグストアー(+23.96%)
【8530】中京銀行(-4.40%)
【7630】壱番屋(-2.57%)

[信用]
【7611】ハイデイ日高(-2.59%)
【5970】ジーテクト(-0.20%)
【5012】東燃ゼネラル石油(-1.68%)
【7942】JSP(+4.07%)
【7913】図書印刷(-3.31%)
【1884】日本道路(-2.78%)

含み益は先週から254,300円増加し、
2,546,200円になりました。


【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/17 21:24 ] 週間取引記録 | TB(0) | CM(0)

本の断捨離

ブログランキング参加中!!

持っている本を減らしたいとは常々思っていて、今年もすでに150冊以上の本を処分しました。が、まだまだ大量に残っていますね。佐々木さんの本にも同様のことが書いてありましたが、大量の蔵書は知識面のコンプレックスの裏返しでもあるので何とかすっきりさせたいものです。

物を捨てるときにいろいろと自問するのですが、その中のひとつに「引っ越すとしたら持っていきたいか」というのがあります。答えがNoなら捨てるわけです。ということは今、持っているものは引っ越すとしたら持っていきたいものばかりなはずです。

しかし、実際に引越しの準備をすると、どうもその通りにはなっていないですねぇ。引越し業者さんには申し訳ないと思いながら、来年も本の処分は目標に入れようと決意しなおしました。断捨離系の本によく一度読んだ本はめったに再読しないから捨てよと書かれていますが、僕はわりと再読するんですよ。数年前に読んだときは完全に読み飛ばしていた文言が心に刺さるのでそれはそれで楽しいです。ただ、数年後読み返すために部屋のスペースを占拠させ続けるべきかというと判断が難しいところです。

学生時代と違ってお給料をいただける身分になりましたし、再読するときに買いなおすスタイルへ移行するのもありなのかなぁと思っています。あとはkindle本がもっと充実してくれれば良いのですが。

電子版が出てない本のkindle版出版予定ってなかなか分からないんですよね。分からない予定を待つくらいなら紙の本を買っちゃうので思うように電子化が進められない原因になっています。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -





【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/13 16:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

継続力の重要性

ブログランキング参加中!!

システムトレードでは、一定のルールに沿ってトレードを行います。このルールは通常、長期間変更せずに同じルールを使用します。他のシステムトレーダーには少しずつパラメータを修正するかたもいらっしゃいますが、それでもベースとなるルールは沿う頻繁に変わるものではありません。

要するに毎日同じ事をするということです。システムトレーダーになりたいけどなれないという人にはこれが出来ない人も多いようです。飽きますからね。

ある人が「今日からこのルールに沿ってトレードをするぞ」と決めて、一ヶ月後もその通り売買しているかと言うと、継続していない人がほとんどなわけです。きっかけはルールの不備の発覚だったり予想外の連敗だったり、新しいアイデアだったり、多々ありえます。

どんなトレードスタイルもその人の個性に合うかどうかで、その結果が大きく変わってしまいます。システムトレードに向いているかどうかの資質の1つは何かを継続し、習慣としてしまうことができるかどうかです。

規律とトレーダー 相場心理分析入門 (ウィザードブックシリーズ)





【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/11 19:06 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

2015年10月05日週の取引記録

ブログランキング参加中!!

今週もお疲れ様でした。
たまに値動きをチェックしながら、
ニート生活を楽しんでます。
ゆっくり本を読む時間が取れるのはいいことですね。

さて、相場のほうですが、日経平均が連騰し、
参加者の多くが儲かる展開が来たようです。

僕のポジションも一緒に上がってくれればよいのですが、
どうもそうは行かないようで、
水、木、金と連敗し、ギリギリプラスを維持した結果になりました。

市場全体が下がっていたときに
上がっていた株を持っているので、
市場全体が上がり始めたらそりゃあ停滞しますよね。
何度も経験していますが、さびしい展開です。

それではいつもの売買の記録です。
1つ銘柄が入れ替わりました。

購入
[信用]
【5970】ジーテクト

現引
無し

売却
[現物]
【2288】丸大食品(-1.00R)

続いて保有中の11銘柄の損益です。

[現物]
【5122】オカモト(+116.09%)
【3076】あい ホールディングス(+27.85%)
【8153】モスフードサービス(-2.65%)
【1868】三井ホーム(-2.57%)
【2786】サッポロドラッグストアー(+13.57%)
【8530】中京銀行(-1.60%)
【4517】ビオフェルミン製薬(-9.54%)
【7630】壱番屋(-2.39%)

[信用]
【7611】ハイデイ日高(+1.78%)
【9861】吉野家ホールディングス(-3.52%)
【5970】ジーテクト(+0.94%)

含み益は先週から226,200円増加し、
2,291,900円になりました。

もう少し勝ちたかったですね。



【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/09 17:52 ] 週間取引記録 | TB(0) | CM(0)

カーブフィッティング

ブログランキング参加中!!

システムトレードをやっている人、やる人が覚えておくべき言葉に、カーブフィッティングと言う物があります。和訳すると曲線あてはめです。かっこ悪いので僕もカーブフィッティングと呼びます。

少しだけ高校数学の復習をしますが、x-y平面において、x座標の異なる2点を指定すると、その2点を通る直線(1次関数)が一本定まります。また、x座標の異なる3点を指定すると、その3点を通る放物線(2次関数)を定めることが出来ます。

(数学の話がメインではないのでとりあえず)2点だと1次関数で、3点だと2次関数と1つ数値がずれているのは、その式の係数(a,b,c)の個数だと思っていただいて良いです。

y=ax+b (直線、一次関数。パラメータはa,bの2個)
y=ax^2+bx+c (放物線、二次関数。パラメータはa,b,cの3個)

この法則性は次数が上がってもそのまま適用でき、5次関数ならその係数しだいで好きな6点を通るように作成でき、9次関数なら好きな10点を通るように作成できます。

これはy={xの多項式}の形をした式だけに留まらず、結構広い範囲で同じような法則が成り立ちます。数学的に厳密な話はこのブログの訪問者さんは興味を持っていないでしょうから脇においておきますが、システムトレードのシステムについても似たような傾向があるということは強調するべきと考えています。と言いますのも、トレードシステムにはパラメータと呼ばれる変数があり、その変数の調整で過去の値動き(カーブ)の重要ポイント(点)でサインを出すようにさせることができるからです。

裁量トレーダーの人には「え?フィットさせたほうが良いんじゃないの?」と思われているようです。しかし、過去の値動きにフィットさせすぎると将来の値動きに全く対応しないことがよくあり、システムトレーダーに悲劇をもたらします。

僕が現在やっているトレンドフォローのシステムは年に1~5回くらいのトレードの利益で年間収益のほとんど、もしくはそれ以上になります。

システムを作るとき、過去の値動きを使用してテストを行いますが、数回の大きなトレンドをきっちり捕らえていたら、検証結果としては非常に儲かるシステムになるんですよ。

例えば、トレンドを5個捕らえるためにはそれぞれの仕掛けと手仕舞いで10点を捉えるシステムを作れば大丈夫です。そのためにはパラメータが10個あるルールを用意して適当にパラメータをいじっていればぴたりと当たるシステムが出来上がってしまいます。

こうして作られたシステムは、テスト結果は抜群に良いのですが、実際に運用してみるとさっぱり勝てません。

販路を持っている人たちはこの事実を知っているので、すごく良いテスト結果を出すシステムを作ったらそれを自分で使わずに人に売り始めるんですね。

システムを買う人はどうやらパラメータが多いほうが高度で優れているものに見えるようで、移動平均線1本(パラメータ1個)よりもMACD(これだけでパラメータ3個)プラスその他もろもろを追加したような複雑なものを好むようです。

システムはシンプルなのがベストです。単純なのに過去のデータで儲かっている、と言うのは本質をきっちり捉えているからであって、将来も利益をもたらす可能性が高いです。10個も20個も変数を持っていて昔の値動きにぴったり合わせたようなものは将来の再現性がほとんど無いですよ。

個人的なイメージですが、パラメータのやたらと多いシステムのことをガラス細工のように思っています。(過去の損益グラフが)美しいけれども非常に繊細でもろく壊れやすくあっさり砕けてしまう感じ。
逆にパラメータの少ないシステムは金属製の文鎮みたいなもので、少々曲がっても変色しても重しとしての役割きっちり果たします、っていう頼もしさがあるイメージです。

僕が尊敬するトレーダーの1人である、ウィリアム・エックハート(新・マーケットの魔術師にインタビュー収録)は、システムに持たせる自由度(パラメータのこと)の上限は3か4で十分だと言っています。僕の力量ではさすがに4で儲かるシステムは作れていなくて、現システムのパラメータはもう少し多いですが、きっと彼が言うことが真実なんでしょう。

システムは複雑なほど良いと思っている人は一度考え直してみてはいかがでしょうか。

ちなみに余談ですが、このシンプルなほうが強いと知ったのは僕がミニマリズムにはまったのと関係あります。
(どっちが先だったかな。)

新マーケットの魔術師―米トップトレーダーたちが語る成功の秘密 (ウィザード・ブックシリーズ)




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/08 00:38 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

自信とリスク

ブログランキング参加中!!

どこで読んだかの忘れてしまったので出典を書けませんが、無謀なリスクをとる人について書かれている文を読みました。つい最近のはず。ツイッターだったかブログだったか。

曰く、自分のトレードに自信の無い人は心のどこかで、まぐれでも何でもさっと大勝ちして勝ち逃げすることを望むそうです。そのため、チャンスと思いこんだタイミングで過剰なリスクを取ってしまい、負けの目が出たときに一発退場になると。
逆に自分のトレードに自信がある人は、長く続けて結果が実力どおりの値に収束すれば勝てると信じているので、淡々と小さく適切なリスクを取れるそうです。

前者と後者では、自信の大きさだけでなく自信の持ち所が大きく違いますね。前者は個別の取引で勝つことに対して自信があっても長期的な成功には自信がない。だから逆行したときにナンピンなどしてしまう。後者は長期的な勝利には自信があるゆえに、個別の取引には執着せずにさっさと損切が可能です。次に行くだけですから。

翻って自分を見てみると、個別の取引に執着しないのは良いのですが、長期的な勝利に対する自信がちょっと怪しいです。現時点で口座資金が1月のピークに戻れていませんから。一応年間ではプラスなので、もうしばらく淡々と続けますが、吉と出るか凶と出るか。

シストレ以外では昨年、短期間だけ裁量でオプション取引をやりましたが、そのときは絶対勝てる取引ばかりに見えたんですよね。これは危ないと思ってオプションから手を引きましたが、おそらく正解だったと思います。

ゾーン ― 相場心理学入門




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/06 17:08 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

生き残れば勝ち

ブログランキング参加中!!

自分のトレードの信念として、きちんとリスク管理をして大損を避けていればそのうち勝てると言うのがあります。タイトルの「生き残れば勝ち」はそのままですね。

トレードって交換なので、お金は新規に生み出されているわけでもなければ消滅しているわけでもなく、いろんな人の財布を移動しているだけです。つまり、大敗して退場した人たちが失ったお金はどこかに移動しただけで消えてはいないわけです。
そして、その移動先はざっと3種類しか有りません。その3種が次です。

1.証券会社 (手数料・金利など)
2.国、地方 (税金)
3.退場していない人の口座

信頼できるソースをなかなか見つけられないのですが、よく聞く値としてトレードを始める人の9割が1年以内に退場するというものがあります。それを信じるならば、退場しないだけでトレーダーの上位1割に入るわけです。その1割の人で、上記3種のお金のうち3番を分け合うことになります。個々のトレーダーのトレードに費やした誠意・情熱・原資・才能・時間などなどによって分け前は大きく変わりますが、何年もトレードを続けれるだけのものを懸けていればそう簡単にマイナスにはならないと思います。それだけ負ける人が落としていくお金は大きいです。

取引回数が少ないとちょっと運が悪い年に年収支はマイナスになりえますが、退場するほどのマイナスで無ければ数年でプラスに転じるでしょう。

そんなわけで、これからトレードを始める人は退場しないためのリスク管理を最初に学ぶべきだという、いろんなところで言われるのと同じ結論が導かれます。「管理」って言われても具体性がなくて分からないと言う人は、まず「リスクを最低に落とす」ことを心がけるとよいと思います。そうすれば何も分からないうちに元手がなくなるという事態を避けられます。

次がリスクを最低に落とすルールの例です。

・証券口座に入れるのは金融資産の半分以下にする
・株は各銘柄1単元のみ買う
・1単元買うのに口座資金の1割以上必要なら買わない
・買ったあと2割下落したら損切る

割合は目安ですがこれなら1回の負けは資産の1%以下(口座資金の2%以下)です。トレードは退屈すぎるくらいがちょうど良いですよ。トレードの面白さはリスクの多寡とはべつの場所に見出しましょう。
案外これだけ守っていれば、その他の要素が少々適当でも勝てるものですし、負けるにしても退場までには相当時間がかかります。将来どんなトレーダーを目指すにしても実践しながら勉強する期間が確保できますのでこのルールはお勧めです。

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/05 20:56 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

システムトレードと自動売買の違いを意識する理由

ブログランキング参加中!!

前回の記事で予告しましたとおり、システムトレードと自動売買の意味をきちんと区別しておくべき理由を書きます。

一般的に言葉の意味は使用している人の間で通じれば誤用でも何でもかまわないのです。それに対して、わざわざ「システムトレード」と「自動売買」を区別しましょうと書くのは混同していると困る人がいるからです。それは「これからシステムトレードをはじめる人」です。

世の中、システムトレードをやろうと考えて、自動売買の勉強をはじめてしまう人がいます。そうすると、プログラミングや市販のツールについて学べるのですが、肝心の売買の判断を下すルールが後回しになってしまいます。これはかなりの遠回りになります。

根気の無い人であればプログラミング言語の基本的な文法を理解したあたりで放棄すればよいです。Excel VBA の知識は普通の会社勤めでも活用の場が多いです。ただ、根気のある人が勝てるルールを持たないまま自動売買のツールを完成させてしまうと、悲しいことになります。全自動でお金を無くす装置が出来上がってしまいます。

最近はシステムトレード用のプログラミングを解説した良書が多くあり、まとめて学習ができるようにも見えますが、そのサンプル通りのシステムではなかなか勝てません。
(その理由はサンプルが悪いだけでは無いのですが、それはまた別の話。)
結局、システムトレードの勉強は別に必要です。

本屋で参考書を探す時などに、Excel VBA やRubyの前に勉強することがあるってことを念頭においていただければと思います。

マンガ パチンコトレーダー (PanRolling Library)




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/04 22:39 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

システムトレードと自動売買の違い

ブログランキング参加中!!

オフ会等であった人に、システムトレードをやっていると言うと、
たいてい全ての取引をコンピューターに自動的にさせていると誤解されます。

以前も書いた気がしますが、改めて確認しておきます。
システムトレードと言うのは予め定めた売買ルールに沿って
売買を行う方法のことです。

この点については、wikipediaにも記載があります。
システムトレード - wikipedia
(もっとも、2015年10月現在のwikipediaには
シストレは短中期にならざるを得ないと言った余計な記載があり、
かなり不満ですがそれはまた別の話です。)

売買を行うときに、手動で取引ツールを操作するか、
何らかのプログラムで発注するかという手順の話は
シストレなのかシストレではないのかとは別の話なんですね。

そもそも、インターネット取引が一般的になる前の、
チャートは必要な人だけが手書きし、注文は電話をかけるしかない時代から
システムトレーダーは存在します。

僕自身も、システムトレードを始めた当初は
プログラミングが出来なかったので、
買いと売りサインは電卓で計算していました。

今でも、買いの発注は一応手でやっています。
逆指値は面倒なので発注ツールを作って半分自動化していますが、
実行は手でボタンをしています。
完全自動化しているのは売買サインの計算だけですね。
これだけ毎日定刻に自動実行します。

取引全てを自動化することは可能ですが、
デメリットもあるので僕はやっていません。

ただ、世の中には便利なツールも増えており、
完全自動化を実装している人も多く存在しています。
それがまた「シストレ=自動売買」という誤解が広まる原因になっているようです。

事実として自動売買を実装するためには、
普通は事前に売買ルールを定める必要があります。
そのため、自動売買している人たちの中には
システムトレーダーも多いです。
(ただし、自動売買しているが、システムトレーダーではない人という
パターンもありえることは意外に忘れられている事実です。)

まとめると、次のようになります。

システムトレード/裁量トレード
⇒一定のルールに沿って売買を行うか、
   その時々の判断を含めて売買を行うか。

自動売買/手動売買
⇒注文が自動的に出されるか、手動で操作して注文を出すか。

長くなったので今回はここまでです。
次の記事に、両方の言葉を区別しておくべき理由を書きます。

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術




【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/03 21:27 ] システムトレード | TB(0) | CM(0)

2015年09月28日週の取引記録

ブログランキング参加中!!

今週もお疲れ様でした。

日経平均は週中に安値を更新したりしていました。
しかし、銘柄を個別に見ると、
徐々に買える銘柄が増えてきてるような気もしました。

新規に数銘柄買いたて、
本当に久々に信用取引のポジションも発生しています。

このままよい感じで上昇相場に戻ると良いですね。


それではいつもの売買の記録です。

購入
[現物]
【4517】ビオフェルミン製薬
【7630】壱番屋
[信用]
【7611】ハイデイ日高
【9861】吉野家ホールディングス

現引
無し

売却
[現物]

続いて保有中の11銘柄の損益です。

[現物]
【5122】オカモト(+111.21%)
【3076】あい ホールディングス(+33.94%)
【2288】丸大食品(-7.77%)
【8153】モスフードサービス(-5.15%)
【1868】三井ホーム(-0.48%)
【2786】サッポロドラッグストアー(+3.34%)
【8530】中京銀行(-2.00%)
【4517】ビオフェルミン製薬(-9.81%)
【7630】壱番屋(-1.10%)

[信用]
【7611】ハイデイ日高(+0.16%)
【9861】吉野家ホールディングス(+0.91%)

含み益は先週から349,100円増加し、
2,065,700円になりました。

権利落ち日を上手く耐え切りました。
正確には調べていませんが、
おそらく5銘柄配当をもらえると思います。



【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/02 18:52 ] 週間取引記録 | TB(0) | CM(0)

お休み開始

ブログランキング参加中!!

週次と月次の記録以外にほとんど更新が無くなって
久しい本ブログですが、
今後また更新頻度を上げたいと思っています。

と言いますのも、転職が決まりまして
労働環境の改善が見込まれるからです。

今の勤め先は9月末で通常勤務は終了し、
10月中はほぼお休みします。
10月後半にあと1回だけ挨拶と会社からの借用物の返却、
諸手続きのために出社し、10月末を持って書類上も退職です。

今日がお休み1日目だったのですが、
何の不安も感じない休日が
こんなに快適だとは知りませんでした。

コタロウさんがブログに書かれいる、
次の言葉を実感しています。
時間がこんなにゆったりと流れているものだとは思わなかった。
引用元

ただ僕はまだまだ違う環境で働きたいと思っていますし、
今後も正社員で働きますけどね。

休みが始まって10日くらいたてば
今までの休みと違う何かを感じるだろうと
予想していましたが、初日から違うのは予想外でした。
これまでの出勤しない日曜日はなんだったんでしょうか。

IT業界内でもレガシーな分野から、
インターネットの世界への転職と言うことで
またこれから苦労することも多いと思いますが、
前を向いてがんばります。

【人気ブログをチェック】
[ 2015/10/01 23:17 ] 日記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

yutaro

Author:yutaro
年齢:30代
職業:IT系(ベンダーからWeb系に転職)
住所:関東

Excelで自作したツールのシグナルにしたがってシステムトレードをやっています。

相場暦:
2005年10月からFX開始
就職前後に一旦取引を中断し、
2012年6月から株をやってます

トレードの目標は2020年1月1日を億万長者としてむかえること。

Twitterアカウントはこちら。



ご連絡を取りたいかたはブログのコメント欄、メールフォーム、Twitter、などどちらからでもOKです。システムトレード、プログラミング、数学、などのほか、飲み会のお誘いなど何でもどうぞ。

書籍・グッズの購入はこちら
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング

株式投資ブログランキング
アクセスカウンタ